ハイネスへの問い合わせは06-4394-8017へ

部分痩せは可能なの?例えば、お腹や太ももだけ痩せることはできる?

2019/10/07

Uncategorized

こんにちは、今回は”部分痩せ”についてのお話をしていきたいと思います。

唐突ですが、読んでくれているみなさまは、

「部分痩せって可能なのか?」なんて疑問をお持ちのかたも多いでしょう。

ではそういう痩せかたは本当にあるのか?についてのお話をしていきますね。

 

部分痩せの可能、不可能

結論からいきます。

部分痩せはまず”不可能”です。

”ある一定の体の部位をトレーニングすればそこだけやせる”

そういったことはまずないです。

ではなぜ部分痩せのように見える人がいるのか?についても少し触れます。

例えると、

とても腹筋の強い(筋肉として分厚い)方がおられたとします。

その方の腹筋の厚みであれば体重を2キロ絞れば割れ目などが浮かび上がるかもしれません。

これが部分やせのように見える理由です。

ですが、普通はそのようにはいきません。

本来は全体的に体重をしっかりと落とすことでやっと腹筋の割れ目であったり、筋肉の筋が

見えてきたりするのです。

ですので”この部分が痩せたい!”と言われて当ジムに来られるお客様も大変多くありがたいのですが、やはり該当部分の見せ方を変えようとするのであれば、全体的に体重を落とすほかないのです。

 

太もも痩せ、美Body向けのトレーニング

それでは部分痩せがないのであれば、手っ取り早く体重を落としたり体を綺麗に見せるような

トレーニングはないのか?というような質問もお客様からよくいただきます。

なので、ここではお客様にも実際にオススメしているトレーニングをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

スクワット

こちらは王道ではありますが、スクワットです。

重りを担いでも、担がなくても、どちらでもかまいません。

ではなぜスクワットはダイエットや美Bodyに対して効果的なトレーニングかといいますと、

下半身の筋肉の量は体全体の70%を占めています。

ですので、それだけ大きな筋肉を使うためには多くのエネルギーが必要になります。

なので大量のエネルギー(カロリー)が消費されますので、ダイエットには効果的です。

 

また大変大きな筋肉の集合でもありますので、体の代謝自体もよくなりますので、

痩せやすい体質へと足を鍛えることで変化していきます。

 

ランジ

こちらも脚のトレーニングになります。

スクワットとは違い、歩くような動作で行うトレーニングになります。

バランスもとらないといけないような種目になってきますので、上半身にも力が入ります。

また片足ずつにフォーカスした刺激が入りますので、しっかりと脚の筋肉を刺激することができます。

初めてする方は、まずは10歩を目指してください。

こちらは当ジムでも大変オススメしている種目です。

 

スッキリお腹の秘訣

脚もいいけど、やっぱりお腹周りが気になる…そんな方もおられますよね?

そんな方には”インナーマッスル”の強化をオススメします。

お腹周りのインナーマッスルといえば”腹横筋(ふくおうきん)”です。

 

これはお腹の周りにあるインナーマッスルなのですが、鍛えることにより期待できる効果の例をあげますと

・代謝の上昇

・屈曲動作のスムーズな進行

・普段の姿勢の安定、改善

などこのほか以外にも多くのメリットがあります。

 

こちらを鍛えることにより、お腹周りをよりスッキリと見せることができます。

またインナーマッスルはお腹だけにあるわけではなく、全身にあります。

全体的に鍛えることで、よりよいトレーニングライフを送ることもできると思います。

 

部分じゃなくて ”全体バランス”

ダイエットについての根本的な考えなのですが、まず部分だけ痩せる。というのは、

全体を見てのバランスが悪くなってしまいます。

モデルのかたなどを見ても、どこかが不自然に痩せている方はまずいないはずです。

ですので、やはり、オススメするのは極端なダイエットではなく、

”自分の理想の体をイメージして、そのバランスを合わせることです。”

黄金比、とまでは言いませんが、人によって骨格も筋肉のつき方も変わってきます。

なので、その人に合わせたバランスのとれたトレーニングをしてボディメイクをする必要があります。

それにはやはりパーソナルトレーニングが近道なのではないかと思います。

 

まとめ

最初に綴らせていただいた通り ”部分痩せ” は正直ありえません。

ですが、それはある意味素敵なことでもあります。

もし本当にそんなものがあれば、体の見た目のバランスがすぐに崩れて

理想の体からより遠ざかる可能性があるからです。

自身の体の全体バランスが、如何に重要かわかっていただければと思います。

また唯一近道があるとすれば、

”すぐには痩せないが着実に体は変わる”

これをしっかりと認識して取り組むことです。

どうか、その道のりのお手伝いをさせていただければと思います。