第1回 身体の雑学「膝の痛み」

2022/01/10

身体の雑学

2024春のダイエット応援キャンペーン

 

こんにちは、トレーナー兼整体師の高村直樹です!

今回から始まる「身体の雑学」では、身体に関するよくある質問や疑問について回答していくコーナーです。

今回のテーマは・・・「膝の痛み」です!

なぜ座っている時は膝が痛くないのに、立った時急に動かしたら膝が痛いのか?

立ち上がる時や階段の一歩目など、ふとした瞬間に「膝が痛いな」と感じている方はいませんか?

その時はすぐに膝が悪いかなぁ?と思う事が多いと思います。それですぐに膝だけをマッサージして一時的に治ったと思い込んで・・・また痛くなり膝だけのマッサージの繰り返しになったりしていませんか?

膝の痛みの原因は?

ではなぜ膝に痛みが出てしまうのでしょうか?激しい運動をしたり、たくさん歩いたりすると膝を痛めてしまうと考える人も多いでしょう。

確かに、スポーツや仕事などによる過度な負荷は、膝の痛みの大きな原因になります。

しかし、逆に膝をあまり動かさない運動不足も原因の一つといわれています。

運動不足も原因の1つで、「筋力の低下」なども膝の痛みに関係します。

膝には、太ももの骨「大腿骨(だいたいこつ)」とすねの骨「脛骨(けいこつ)」、膝の皿と呼ばれる「膝蓋骨(しつがいこつ)」という3つの骨が組み合わさっています。それぞれの骨が直接ぶつからないように軟骨がクッションの役割を担い、関節を動かすために多くの筋肉が使われています。

主に膝関節を曲げ伸ばしする動作に使われる筋肉は、腿の「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」や「ハムストリングス」です。膝の周囲だけではなく、お尻の筋肉である「大臀筋(だいでんきん)」など、足を動かすための幅広い筋肉が膝の動きをサポートしています。しかし、膝を長い間あまり動かさないでいると、筋力が低下してサポートする力も衰え、骨と骨の間のクッションとなる軟骨の摩耗を早めて、膝の痛みを生じさせてしまいます。

その他にも運動不足によって膝関節の新陳代謝が低下し、膝関節が硬くなることがあります。膝の関節が硬くなると、周囲の組織に痛みが生じるようになったり、脚をしっかり伸ばせないため、ふくらはぎに負荷をかける歩き方になり、それが続くと股関節を痛めてしまったりします。

足裏、足首、膝裏周辺の筋肉が硬くなっていてその代わりに膝がダメージを受けてる事も有ります。

引用元・膝の痛みは運動不足が原因かも?https://x.gd/RZ1Wu

膝の痛みに効果的なマッサージ!

膝の痛みは、筋力低下や筋肉の柔軟性の低下などによって生じますが、膝は脚のさまざまな部位と密接な関係があるので、膝を直接マッサージするのではなく、周辺の筋肉のマッサージを主に行っていきます。

今回は膝の痛みに効果的な家でもできるマッサージを3つ紹介します!

1 足の付け根の外側

最初に紹介するのは、「足の付け根の外側」のマッサージ方法です!

やり方はとても簡単で座って、脚の付け根の外側部分を、親指でグリグリと円を描くように押していきます。

上半身を丸めた方が力を入れやすくなります。やりづらい場合は、てのひらで押しても構いません。

この筋肉が固まると、膝にも大きな負担がかかるので、しっかりほぐしていきましょう!

2 膝上の外側

次は、「膝上の外側」のマッサージを紹介していきます。

やり方として、まず椅子に座った状態で骨の少し上の硬い部位を手の親指で触ります。上から押す形でも構いません。力の入り方は個人差があるので両手を使っても片手だけでも大丈夫です。

上から押していく形で、マッサージしていきましょう。

3 膝の裏側

次は、「膝の裏側」のマッサージ方法を紹介していきます!

やり方はとてもシンプルで座って両手を膝に置き、親指を膝上に他の指を膝の裏側に回します。

そして、膝を下から持ち上げるような感覚でマッサージしていきます。

ぜひ、ご紹介した3つのマッサージを実践してみて下さい!

また、マッサージの前に足湯に入るのも効果的です!

足の裏は全身に血液を送る重要な箇所のため、温めることで血の巡りが格段に良くなります。

肩までお湯に浸かる全身浴とはちがい、心臓への負担が少なく着衣のままできるので場所を選びません。

洗面器でも効果はありますが、バケツなどでふくらはぎまで温められるとより効果的です。

引用元・Precious.jp編集部 

https://precious.jp/articles/-/21309

 

まとめ

膝は、脚のさまざまな部位と深く関係しているため、膝だけでなく、脚部のマッサージも重要で膝の痛みを軽減するためには、動かすことが大事です。マッサージを活用しながら、無理のない範囲で運動してみましょう。

だからこそ身体の不備が有ればいつでもご来店ください!

ハイネスでは下記の症状をお持ちの方などを対象にマッサージをしています。

  • 普段から姿勢が悪い
  • 肩が上がりにくい
  • 歩いてて膝が痛い
  • たくさんの場所(整骨院、マッサージ、リラクゼーション)に行くのがめんどくさい(移動時間もかかる為)
  • 疲労回復したい
  • 全身疲労でさまざまな箇所が痛む
  • 手足の痺れ、膝の痛みなどを改善したい方
  • トレーニング前後に身体を整えたい

豊富な知識とトレーニングが受けられる

【無料体験】は随時受付中💪

✅体組成計チェック

✅カラダを作る食事の基本(冊子付)

✅パーソナルトレーニング

だいたい60~90分です⏰

プライベートジム ハイネス
住所大阪市浪速区桜川1-2-6 ZENⅡ401
営業時間年中無休 9:00~22:00
電話番号06-4394-8017
アクセスJR難波駅 徒歩2分
四つ橋線なんば駅 徒歩3分
近鉄なんば駅 徒歩3分

2024春のダイエット応援キャンペーン

この記事を書いた人

ハイネスのトレーナー : 川村 将輝
川村 将輝
トレーナー
出身:鳥取県八頭郡

実績
2018年 JBBF 全日本Jr 入賞
2018年 マッスルマニア シンガポール ボディビルミドル級 3位
2019 CJBBF 東京 ボディビルノービスクラス 2位
2019年 CJBBF 東京 ボディビル ミドル級 4位

LINEで無料予約

24時間受付中

メールで無料予約

24時間受付中

06-4394-8017

※トレーニング中は電話に出られない場合があります