グルタミンを摂取して免疫力UP!

2022/01/23

食事

2024春のダイエット応援キャンペーン

ヘラクレスのトレーナー 将輝(まさき)です。

朝夕の冷え込みが厳しくなり、空気も一段と乾燥してきました。
夏は暑さで汗をかき水分補給に気を使う方が多いと思いますが、冬場は水分をあまり取らない方も多いのではないでしょうか?

毎年、この時期にかけて体調を崩す方が多いと思います。
皆様も体調管理を意識していらっしゃる方と思いますが、病院に行くほどではないけど、なんだか体調崩したみたい、、、ということもありますよね。

そんなときは免疫力を上げるグルタミンを取って、免疫力を上げましょう!

グルタミンとは?

たんぱく質は、筋肉や臓器、肌、髪の毛、爪、血液、ホルモン、酵素などの構成成分で、生命維持にはもちろん、美容にも欠かすことのできない栄養素です。

体内のたんぱく質は20種のアミノ酸で構成されていて、グルタミンもその一つです。おもに筋肉の中で合成されたグルタミンは、血液を介して全身に運ばれていき、さまざまな場所で働いています。

アミノ酸には、体内で作ることのできない「必須アミノ酸」と、体内で作ることのできる「非必須アミノ酸」とがあり、グルタミンは後者に当てはまります。

つまり、体内で作られるグルタミンは、基本的には食事から積極的に補う必要はないのです。ただし、ストレスの影響で多く消耗されることがわかっていて、消費量が多い場合には積極的に食事などから取り入れる必要があります。こうした特性から、グルタミンは「条件つき必須アミノ酸」とも呼ばれています。

グルタミンは皆さんの体に一番多く存在するアミノ酸で、体内の全遊離アミノ酸中60%を占めています。体には非常に多くのグルタミンが必要であるため、普段は筋肉や血液中に大量にストックしています。体内でも合成されるので非必須アミノ酸に分類されていますが、風邪を引いた時、疲れが溜まっている時、運動をした時など、体にストレスがかかっている時は大量に消費されるため、食品からも積極的に摂取して欲しいアミノ酸です。

グルタミンを多く含む食材

  • 小麦粉
  • 海藻
  • 大豆
  • サトウキビ
  • チーズ
  • トマト

グルタミンの効果

グルタミンには、筋肉の分解抑制、消化管機能のサポート、免疫力向上、傷の修復などに効果があります!

筋肉の分解を抑制

グルタミンはストレスがある時に必要量が増加します。

一般的にトレーニングの時には身体に強いストレスがかかります。
このストレスに対抗するエネルギーを作り出すために、筋肉からグルタミンを取り出され、これが筋肉の分解に繋がります。

グルタミンが不足していると、せっかく筋肉を付けるために筋トレをしているのに逆に分解させてしまうため、運動後には消費されたグルタミンをしっかり補給しましょう!

免疫力の向上

グルタミンは細菌やウイルスの侵入を阻止してくれるエネルギーにもなります。
免疫機能が正常に働くにはグルタミンが重要であることを意味しています。

また、適度な運動は免疫力を活性化させますが、長時間の運動では感染症のリスクが高まるという報告もあります。

質のよいトレーニングの維持や、日頃の体調管理のためにもグルタミンは有効です。

傷の修復

傷の修復にも免疫を担当する細胞の働きが必要です。

グルタミンはこれらの細胞のエネルギーとなるので、傷の修復効果もあります。

成長ホルモンの分泌を高める

成長ホルモンの分泌を高める作用もあります。

成長ホルモンの分泌が増えれば、筋肉の合成が高まったり、脂質の代謝が高まったりなどの効果があります。

グルタミンの摂取方法

グルタミンは肉、魚、卵、大豆などに含まれていますが、熱によって変性してしまうため、刺身や卵かけごはんなど、生で食べられる方法だと効率よく摂取できます。

しかし、生で食べられるメニューは限られますし、トレーニング時に摂取したい場合は衛生的にもおすすめ出来ません。
そんな時はサプリメントを利用すると効率的で簡単に摂取することが出来ます。

一般的に1回あたり5g程度が目安となっています。

基本的にいつ飲んでもいいですが、おすすめのタイミングを挙げました。目的に応じてぜひお試し下さい!

運動前後

長時間の運動によって血液中のグルタミン濃度は下がり、そのままにしておくと体は筋肉を分解してグルタミン濃度を保とうとします。せっかくのトレーニングが逆に筋肉を減らしてしまうことにならないよう、しっかりと摂取することをおすすめします。

また、激しいトレーニングを行うアスリートは上気道感染症(かぜ症候群)にかかる頻度が高くなるというデータもあります。免疫力を上げてしっかりと体調管理を行うためにも運動前後にグルタミンを摂取することをおすすめします。

就寝前

寝ている間は成長ホルモンが分泌されます。
グルタミンは免疫細胞のエネルギーになるので、疲れが溜まっている、風邪を引いている時などは就寝前に摂取することをおすすめします。

まとめ

グルタミンは筋肉の分解抑制から免疫力の向上など、コンディショニングには欠かせないアミノ酸。
「いつものトレーニングがこなせない」、「なんだか疲れがとれない」といった症状がある場合、もしかしたらグルタミン不足かもしれません。トレーニングを常にベストコンディションで行うため、また疲れを溜めずにすっきり爽やかな毎日を送るために、ぜひグルタミンを取り入れてはいかがでしょうか。

削いで削いで、突詰めた。新しい24時間ジムの型
住所〒556-0022 大阪市浪速区桜川1-3-2 裏手
スタッフアワー月〜日 11:00~20:00
TEL06-4400-9876
アクセスJR難波駅 徒歩2分
四つ橋線なんば駅 徒歩3分
近鉄なんば駅 徒歩3分

2024春のダイエット応援キャンペーン

この記事を書いた人

ハイネスのトレーナー : 川村 将輝
川村 将輝
トレーナー
出身:鳥取県八頭郡

実績
2018年 JBBF 全日本Jr 入賞
2018年 マッスルマニア シンガポール ボディビルミドル級 3位
2019 CJBBF 東京 ボディビルノービスクラス 2位
2019年 CJBBF 東京 ボディビル ミドル級 4位

LINEで無料予約

24時間受付中

メールで無料予約

24時間受付中

06-4394-8017

※トレーニング中は電話に出られない場合があります